ツルツルしっとり。毛穴に効く『シュウ ウエムラ アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル』

ツルツルしっとり。毛穴に効く『シュウ ウエムラ アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル』

目指せ、毛穴レス。

ワセリンスキンケアを始めて肌の調子が整ってきたんだけど、どうしてもワセリンでは改善できなかったのがブラックヘッド。

言うほど酷くはないんだけど、鏡で自分の顔を間近に見ると少し気になって。

そこで試してみたのが、シュウ ウエムラの『アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル』。

女性を中心に使用者が多く、評判もかなり良いみたいですね。

まずは1か月ほど使い続けた使用感をレビューしていきます。

効果には個人差がありますので、あらかじめご了承ください。

シュウ ウエムラ『アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル』

こちらが今回ご紹介する、シュウ ウエムラの『アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル』。

名前がやたら長いので、以下『アルティム8』と表記します。

ベストコスメ34冠を獲得するほど、高い人気と効果をあわせ持つクレンジングオイル。

3つの容量タイプがあって、僕が購入したのは450mlの大容量ボトルタイプ。

  • 50ml:1,760円
  • 150ml:5,060円
  • 450ml:12,560円

12,560円とクレンジングオイルとしてはお高めですが、そのぶん原価の高い美容成分が多く含まれています。

450mlなら1本で半年は持つそうなのでコスパはそれほど悪くない。

しかも今回は「楽天ブランドデー」のタイミングで購入したので、50mlのミニボトルが2本おまけで付いてきました。

アンバーなボトルがオシャレで、なんか良いモノ使ってる感が味わえます。

また、ボトルヘッドにはロック機能が備わっていて。

OPEN/CLOSEの向きに合わせてヘッドを回すだけで、簡単にロック状態を切り替えできます。

外に持ち歩くときもロックをかけとけば零れる心配がなくていいですね。

98%の自然由来成分

自然由来成分は98%で、8つの植物オイルが配合。

  • トウモロコシ胚芽油
  • パルミチン酸エチルヘキシル
  • トリ(カプリル酸/カプリン 酸)グリセリル
  • ミリスチン酸イソプロピル
  • ジオレイン酸ポリグリセリル-10
  • ジカプリン酸ポリグリセリ ル-6
  • オレイン酸ポリグリセリル-2
  • メドウフォーム油
  • フェノキシエタノール
  • リナロール
  • スクワラン
  • ツバキ種子油
  • ホホバ種子油
  • ラウロイルサルコシンイソプロピル
  • サフラワー油
  • ジカプリリル エーテル
  • 炭酸ジカプリリル
  • トコフェロール
  • ゲラニオール
  • ダイズ油
  • クエン酸ステアリン酸グリセリル
  • シア脂
  • リン脂質
  • オタネニンジン根エキス
  • ダイサンチクエキス
  • クエン酸
  • 香料

主成分は肌なじみのよい「トウモロコシ胚芽油」です。

クレンジングしながら肌を柔らかく、そして潤いを与えてくれます。

ダブル洗顔が不要

シュウウエムラのクレンジングオイルはダブル洗顔が不要。

2〜4番目に多く含まれるエステル油が、毛穴に入り込んだメイクや汚れを浮かしてくれます。

洗顔フォームを使わなくても、これ1本で毛穴ケアを完結できるから楽チン。

朝晩使用できる

アルティム8』は朝の洗顔にも使えます。

実は、夜寝ている間にも皮脂や汗が分泌され、埃などの汚れも肌に付着してしまうそうです。

そこで、朝にもクレンジングを行うことで毛穴汚れを除去し、その後に使用する化粧水や保湿剤の効果を高めることができます。

クレンジングの仕方

アルティム8』は一般的なクレンジングオイルと違って、使い方が少し特殊です。

クレンジングの流れは以下のとおり。

  • 乾いた手にオイルを4プッシュ取る
  • 乾いた顔にオイルをやさしく馴染ませる
  • 水またはぬるま湯を加えて、顔全体が白く濁るまで馴染ませる(乳化を行う)
  • 水またはぬるま湯でしっかり洗い流す

手にオイルを4プッシュ取る

公式では、1回あたり4プッシュ分を手に取ることとしています。

でも個人的には2プッシュでも十分な量かなぁと思っています。

ただ、ケチって使用量を減らすと、オイル成分が足りなくて肌に摩擦を与えてしまう場合があるので、その辺は自己責任で。

乾いた顔にオイルをやさしく馴染ませる

手に取ったオイルを顔に馴染ませていきます。

指でクルクルと円を描くようにやさしく肌をなぞります。

強く擦ってしまうと、逆に肌荒れの原因にもなってしまうので気をつけましょう。

水またはぬるま湯を加えて乳化させる

オイルが顔全体に馴染んできたら、水かぬるま湯を2〜3滴ほど手に取ります。

そして、そのまま顔をまたなぞっていくとオイルが白く濁り始めます。

これが乳化のサインで、水と油が混ざり合うことで汚れを肌から浮かしてくれます。

水またはぬるま湯でしっかり洗い流す

顔全体のオイルが乳化し終わったら、最後はしっかり洗い流します。

クレンジング後は皮脂が除去されて、肌がいわゆる無防備の状態となっています。

温度の高いお湯で洗ってしまうと、さらなる乾燥や肌荒れを引き起こす可能性もあるので、必ず水かぬるま湯で洗い流しましょう。

実際に使用してみて感じた変化

ここからは実際に使用してみた様子をお届け。

使用期間に応じて随時追記していきます。

ちなみに、僕はお風呂前にオイルを顔に馴染ませて、そのまま風呂場で乳化→洗い流しをしています。

朝のクレンジングはしていません。

あと、週に回酵素洗顔をしています。

はじめて使ってみて:肌がツルツルになった

ファーストインプレッションは以下のとおり。

  • 香りが良くて癒やされる
  • サラサラとした粘度の低いオイルでよく伸びる
  • 指で顔をなぞるだけで角栓が取れる
  • 乳化させると肌がツルツルもっちりに
  • 洗い上がりはしっとりと
  • 見た目に変化はなし
  • 少し肌荒れした

まず香りがすごくいいです。

好みはあるかもしれませんが、ハーブ系で森林浴をしているようなスーッと癒される香りがします。

また、すごく伸びが良くて摩擦レスで毛穴ケアができます。

そして乳化を経て洗い流すと、角栓がするんと取れて、驚くぐらい肌がツルツルしっとりに。

過去にも別のクレンジングオイルを使ったことがあるんですが、その時は肌がカッサカサになってしまった記憶があります。

汚れをしっかり落としながらも潤いが残るのは、敏感肌とって非常にありがたい。

ただ、使用し始めてから数日後に2、3個の吹き出物ができてしまいました。

アルティム8』は油ベースのクレンジング剤なので、ニキビができやすい人や脂性肌・敏感肌など、人によっては相性が合わない場合もあります。

その後、最後の洗い流しをより丁寧に行うよう意識したら、肌荒れは起こらなくなりました。

2週間使ってみて:小鼻のザラつきが無くなってきた

おもに感じたこと変化などは以下のとおり。

  • 小鼻のザラつきが無くなってきた
  • 頬の毛穴が目立たなくなってきた
  • 顔全体がワントーンアップ(した気がする)
  • 肌が以前よりしっとり(している気がする)
  • ブラックヘッドに大きな変化はなし

アルティム8』を使用する前と比べて、小鼻のツルツル感が持続されるようになりました。

それに伴って、心なしか頬の毛穴も目立たなくなり、顔全体が明るく見えるようになった気がします。

ブラックヘッドについては、なんとなく改善されている気はするものの劇的な変化はまだ感じられません。

1か月使ってみて:2週間目からほぼ変化なし

使い慣れてきたのもあって、最初に感じたほどの衝撃がだんだん無くなってきました。

ただ、お風呂上がりは顔の肌全体がすごく綺麗になったように見えます。

肌改善が期待できるクレンジングオイル

今回は『アルティム8』をレビューしました。

こんな高級なデパコスを使うのは初めてでしたが、そのぶん感じられる効果も高いように感じました。

とにかく肌がツルツル&しっとりするのがうれしい。

また、ダブル洗顔不要で、朝の洗顔用としても使えるから、手軽にスキンケアを済ませられるのも便利です。

ただ、一番改善したいブラックヘッドにはまだあまり効果を実感できていません。

1本使い切る頃には何か変化があればなと期待つつ、引き続き使用していきたいと思います。

ちなみに、『アルティム8』を試してみたいけど高くて手が出ない…という人には『菊正宗 ライスメイドプラス』がおすすめ。

成分が似ているのに、200mlで価格が約1,300円とコスパは最強レベル。

まずはこちらで試してみるのもいいかもしれませんね。