MacBookでブルーレイ鑑賞。USB-Cケーブル1本で接続できるBDドライブ『Pioneer BDR-XS07JL』

MacBookでブルーレイ鑑賞。USB-Cケーブル1本で接続できるBDドライブ『Pioneer BDR-XS07JL』

MacBookの綺麗な画面で、推しのブルーレイ映像を見たい!

そういう密かな願望を抱いている人は、きっと僕だけじゃないはず。

だけど、MacBookでブルーレイを読み込むには外付けドライブが別途必要で。

そこで僕が購入してみたのは、光学ドライブ界で評判の高いPioneer製のBDドライブ。

USB-Cケーブル1本で接続&給電できて、MacBookと調和するデザインが選択の決め手でした。

結果的に、ミニマムな構成でブルーレイを鑑賞できるようになったので大満足。

Mac対応のポータブルBlu-rayドライブ『Pioneer BDR-XS07JL』

こちらが今回ご紹介する、Pioneerの『BDR-XS07JL』という外付けBDドライブ。

Windows/Macの両方に対応しています。

同梱物は至ってシンプル。

  • BDドライブ本体
  • USB-C×USB-Aケーブル
  • 説明書

ドライブ本体はこちら。

写真ではマットなシルバーに見えるかもしれませんが、実物はもう少しキラキラした感じの質感です。

上面にはBlu-rayのロゴがデカデカと。ここは正直もうちょっと主張が控えめだと良かったかなぁ。

こちらがディスクを入れる正面。

スロット式なので、故障の原因となる埃が侵入しにくいのがいいですね。

背面には、ACアダプターとUSB-Cコネクタを搭載。

余計な装備や機能がなく、シンプルな見た目が好印象。

裏面には上下に細長いゴム足が付いていて、静音性アップや振動によるズレ防止の効果が期待できます。

サイズは、CDジャケットと変わらないぐらいの大きさで非常にコンパクト。

筐体はプラスチック素材ですが、綺麗に塗装されているのでチープさは感じません。

そのぶん280gという軽さを実現しているので、外への持ち出しも気軽にできます。

  • サイズ:W135×D135×H18mm
  • 重量:280g
  • インターフェイス:USB 3.1 Gen1/3.0/2.0
  • BD再生対応フォーマット:BD-ROM、BD-ROM DL、BD-R、BD-R DL、BD-R TL、BD-R QL、BD-RE、BD-RE DL、BD-RE TL、BD-R LTH、M-DISC(BD)SL、M-DISC(BD)DL、M-DISC(BD)TL

MacBookと相性抜群

正式にMac対応を謳っているだけあって、デザインもMacと親和性の高い仕上がりに。

僕の『M1 MacBook Air』はスペースグレーなので少し色味が異なりますが、そこまで気にならないほど。

シルバーのMacBookなら違和感なく並べられると思います。

USB-Cケーブル1本で接続可能

MacBook使いとしては、ここは外せないポイント。

バスパワーに対応しているので、USB-Cケーブル1本で接続と給電ができます。

USB-Cケーブルをつなぐだけで作動するのはやっぱりラクだし、何より見た目がスッキリして良いですね。

万が一、電力不足が起こっても、別売りオプションのACアダプターを使えば安定した動作が得られます。

実際にMacBookでブルーレイを視聴してみる

さっそくブルーレイを再生…といきたいところなんだけど。

実はMacBookでブルーレイを見るためには、再生ソフトも別途必要で。

フリーソフトでも使えるものはありますが、僕は画質や安定性などを優先して、Mac goの『Mac Blu-ray Player Pro』を購入。

Yahoo!ショッピングなら4,980円でライセンスコードが買えました。Amazonは1万円ちょっとだった。

便利なスロットローディング型

BDR-XS07JL』は、ディスクをスロットに差し込むだけで自動的にローディングする、スロットローディングメカを採用しています。

ディスクを6割ほど挿入すると、そこから自動で吸い込んでくれるのが便利。

さぁて、いよいよブルーレイを再生してみますか。

うおおぉ…!MacBookの美しい画面で推しのライブ映像が見られるなんて感動の極み…!!

画質が綺麗なのはもちろんのこと、MacBookはスピーカーも音が結構いいので、画面が小さくても十分に鑑賞を楽しめますね。

ちなみに僕は『Shanling UA2』というポータブルDACを使って、有線イヤホンで音を聴くことが多いです。

音の分離感が凄まじく良くなって、さらに高音質で臨場感のある音響に没入できるようになります。

動作音も比較的静か

ブルーレイ映像を鑑賞する上で、気になる点がドライブの動作音。

最初ディスクを読み込んだ時や待機中は、ブォォーンと派手な回転音がしましたが、ディスクの再生が始まると比較的静かに落ち着きます。

MacBookの出力音を小さくしても気にならないほど。

コンパクトな分、静音性はイマイチかなと思っていたんですが、想像以上に動作音は小さかったので安心しました。

MacBookで推しの映像を楽しもう

MacBookでわざわざブルーレイを見るのって、もしかしたらかなり少数派かもしれません。

でもこの『BDR-XS07JL』なら、MacBookに繋ぐだけでどこでも綺麗な映像を持ち歩いていける。

こういうミニマムなシステム構成が僕は大好物なので、これは買ってよかったなと。

また、テレビで見るのとは違って、映像を見ながらブログを書いたり、仕事をしたり。

そんな風にMacBookならではの使い方もできるのかなと、実際に使ってみて思いました。

このBDドライブで、これからもっと推し活を楽しんでいきます!