想像以上の音質。5,000円以内で買えるハイレゾ対応の有線イヤホン『final E3000』

想像以上の音質。5,000円以内で買えるハイレゾ対応の有線イヤホン『final E3000』

音質を求めて、ワイヤレスイヤホンから有線イヤホンへ。

だけど、有線タイプは選択肢がたくさんあって、上を見ればキリがないほど深い深い沼の世界。

最初からハイエンドモデルを選ぶのは気が引けるなぁ…ということで、まずは安価で定番なモノから使い始めてみることに。

久々に有線イヤホンで聴いてみたけど、ワイヤレスでは味わえなかったクリアな音質にビックリ。

この価格からは想像できないほど、良い音を奏でてくれました。

オーディオマニアも納得するコスパ最強の有線イヤホン『final E3000』

今回ご紹介するのは、日本のオーディオメーカー final(ファイナル)の『E3000』という有線イヤホン。

はじめに言っておくと、5,000円以内で購入できるイヤホンとしては、間違いなくTOP5に入るほどの実力を誇ります。

ステンレスの削り出し・鏡面仕上げの筐体がとてもスタイリッシュ。

キラリと高見えするので所有欲が湧きますが、指紋が目立ちやすいというデメリットも。

本体サイズは超小型で、AirPods Proと比較しても一目瞭然。

耳からの飛び出しが無くすっぽり収まるので、寝イヤホンにも最適。

コードはさらさらとした手触りで、肌に当たった時の不快感も少なめ。

ただ、素麺のように柔らかく細いので、すぐ断線しないかが心配。取り扱いには要注意かな。

イヤーピースは、SS / S / M / L / LL の5種類が付属。

これだけ揃っていれば、きっと自分に合うモノが見つかるはず。

さらに、タッチノイズを軽減するSHARE掛け用イヤーフックや、持ち運びに便利なポーチも付属しています。

こんなに盛りだくさんなのに、これが5,000円以内で買えるなんてコスパの概念が崩れてしまいそう。

  • 型番:FI-E3DSS
  • ドライバー:6.4mmΦダイナミック型
  • ケーブル:OFCケーブル
  • 感度:100 dB/mW
  • インピーダンス:16Ω
  • 質量:14g
  • コード長:1.2m

耳にピッタリフィットするイヤーピース

スウィングフィット機構により、耳道の傾きに合わせてイヤーピースが左右に動きます。

耳の穴にジャストフィットしてくれるので、余計な干渉がなく長時間のリスニングでも耳が痛くなりません。

イヤホンを着けている感覚が感じられないほど、めちゃくちゃ快適。

クリアで柔らかい素直な出音

E3000』は6.4mmφダイナミック型ドライバーユニットを搭載。

1DD仕様なので、特定の音域が強調されず、低域から中高域までなだらかにバランスよく再生してくれます。

一聴してみた感じは、クリアで音が柔らかい。

モニターヘッドホンで聴いているかのような素直な出音が、このイヤホンの特徴なのかなと思いました。

このイヤホンはハイレゾ対応ということで「Amazon Music HD」を利用して、いつものごとく水瀬いのりの楽曲を試聴して音質チェックします。

水瀬いのり『Innocent flower』を試聴

全曲試聴動画を置いておきますので、ぜひ曲を聴きながらレビューと照らし合わせてみてください。

01. 春空

温かみのある春らしい爽やかなミディアムナンバー。

透明感のあるボーカルがすっと入ってきます。

色んな楽器が使われていますが、それぞれ聴き取りやすくまとまっています。

Aメロで奏でられるドラムのアタック感と、サビで鳴っているギターのカッティングが爽快。

ただ、低音域は若干ボワってとして聴こえました。

02. 夢のつぼみ

疾走感溢れるエネルギッシュなナンバー。

イントロは情報量の多さと音の速さに、イヤホンがついて行けずイマイチ鳴らし切れてない印象。

Aメロが始まると小刻みに楽器があちこちで鳴りますが、そこは分離感良く聴こえました。

サビになると力強くなる歌声は、ダイナミック型ドライバーらしい迫力が感じられていいですね。聴いてて楽しいです。

ただ、立体感があまり無いため、全体的に音が潰れて聴こえる気がします。

情報量が多いアップテンポの楽曲は苦手なのかもしれません。

08. Will

ダーク感がありつつも、どこか哀愁を感じる楽曲。

使われている楽器が少ないので、スッキリとクリアに聴こえます。

ハリのある歌い方の声が刺さってくるこの聴き心地はクセになりますね。

左右から聴こえてくるアコギは、生々しさがもうちょっと欲しいかな。

音数が少ない楽曲や芯のあるボーカルとは相性が良い感じです。

12. Innocent flower

アルバムを締めくくる優しい曲調の表題曲。

イントロのコーラスが優しく響き、曲の始めから終わりまで心地よい空間に包まれます。

想いを込めて歌っている様子が伝わるような歌声もしっかり表現。

サビで開放される音の広がりは、もう少し伸びがあると良いかなと感じました。

総評

5,000円以内という価格からは、想像以上に良い音を楽しめました。

傾向としては、全体的にフラットで丸みのある音質。

ボーカルも目立ちすぎず、楽器隊との塩梅がいい感じ。

ただ、素直に聴こえる分、面白味に欠けると思う人もいるかも。

音場については、上はおでこ辺りまでとやや狭く、立体感は薄い感じ。頭のてっぺんまでは響いてこないかな。

また、低音域は細くはないものの、輪郭が少しボワっとしている印象。

高音域も決して弱くはないけれども、伸びが優れているわけではないですね。

アップテンポの曲は苦手だけど、小編成のミディアムナンバーやバラード系は綺麗に鳴らしてくれます。

色々言いましたが、ホワイトノイズが無くクリアに聴こえるので、1万円台クラスのワイヤレスイヤホンよりは良い音が楽しめると思います。

僕がワイヤレスで音質が良いと思っていた『NUARL N6 Pro』よりも、好印象に感じました。

音漏れに注意

このイヤホンの背面には、低音域の再生帯域を延ばすためのステンレスメッシュがあるため、結構音漏れします。

音質を優先した代わりに、遮音性が犠牲になっています。

1人で音楽を楽しむ分には全く問題ないですが、電車の中とか人の居る空間で使用する時はちょっと気を付けた方がいいかも。

沼の入口へと誘うイヤホン

久しぶりの有線イヤホンということで、そのサウンドの良さに心が躍りました。

最近忘れかけていた「音楽そのものを楽しむ感覚」を取り戻せたような。

たった5,000円以内で買えるイヤホンで、そんな感動が味わえるとは思っていませんでした。

低価格帯のイヤホンなので、音質を求めれば気になるところもあるし、まだまだ上には上があると思いますが、はじめてのワイヤードタイプとして選ぶなら『E3000』は間違いなくベストバイだと思います。

公式ではエイジングでさらに音が良くなると言っているので、その変化が楽しめるようになるまで、まだまだ使い込んでいこうと思います。

さぁ、気になった人は有線イヤホン沼への一歩を踏み出そう。