エネループより高スペック!? USB充電ができるコスパ最強のミニマルな充電池『Pool』

エネループより高スペック!? USB充電ができるコスパ最強のミニマルな充電池『Pool』

USB充電が主流となった昨今でも、たまに必要な場面が出てくる電池。

これまで使い捨ての電池を使っていたんですが、環境にもお財布にもエコじゃないなと思い、充電池を試してみることに。

最初は「定番のエネループでいいか」と思っていたんですが、エネループは充電器がコンセントタイプしかないのがネックでした。

そんな中、USB充電が可能でデザインもオシャレなコスパの高い充電池を見つけたので、シェアしたいと思います。

USB充電が可能なコスパ最高の充電池『Pool』

今回レビューするのは、『Pool』というニッケル水素の充電式電池。

あまり馴染みの無い名前かもしれませんが、エネループと双璧を成したエネロングの後継機モデルとしてリリースされています。

定番の単3形と単4形とほか、単2型と角形9Vのサイズ・種類があります。単1型は無いみたいですね。

僕は、単3形電池が4本と充電器(2本用)、USBケーブルのセットを購入してみました。

これだけ揃ってお値段はたったの約1,280円とめちゃ安い。エネループの半額近くで買えました。

ミニマルで馴染みやすいデザイン

Pool』は見た目も特徴的。

マットな質感でミニマルなスッキリとしたデザインが可愛いらしい。

僕が選んだホワイト以外にも、ポップなカラーのターコイズ・クリムゾン・モスグリーン・マスタードの4色があります。

どのカラーもつい集めたくなるようなオシャレ感を纏っていて、用途ごとにカラーを使い分けるのもおすすめ。

電池は使う時には見えなくなるモノだけど、せっかくならデザインにもこだわりたい。

試しに、僕が普段使っているHHKBのキーボードやギター用のマルチエフェクター、テレビのリモコンに入れてみました。

この充電池を使うだけで、その箱モノ自体もオシャレに見えてくる気がしてきます。

容量2,150mAhで約1,000回繰り返し使える

Pool』の容量は、2,150mAhと充電池の中では多い方です。

しかも約1,000回も繰り返し使えるのでコスパも抜群。

これなら1回購入してしまえば、買い替えるようなことはほぼ無さそうですね。

USB充電に対応

付属の充電器を使えば、USBで充電ができます。

給電に使用するケーブルは、micro USBケーブル。

ここがUSB-C対応だったら最高なんだけど、充電する頻度はそんなに多くないので、まぁ贅沢は言わない。

この充電器1つで、単3形と単4形電池の両方に対応しているのが良いですね。過充電防止機能も備わっています。

僕のは2本までしか同時に充電できませんが、4本同時に充電できる充電器もリリースされているみたい。

充電中はライトが赤色に点灯し、満充電になるとライトが緑色に変わります。

充電にかかる電気代は1回あたり約0.2円以下と、めちゃくちゃ安い!

初期費用はかかりますが、長期的に使うことを考えれば、断然エコですね。

定番メーカー充電池のスペック比較

定番の充電池と比較するとこんな感じ。

【単3形比較】Poolエネループ
スタンダードモデル
エネループ
ハイエンドモデル
Amazon
ベーシック
Amazon価格
(4本分)
約850円約1,400円約1,500円約1,100円
容量2,150mAh1,900mAh2,450mAh2,000mAh
繰り返し使用回数約1,000回約2,100回約500回約1,000回
1年後容量保存率約80%約90%約85%約80%
スマホでは横にスクロールできます

価格は圧倒的に『Pool』が安いですね。

他と比較すると突出した性能はありませんが、バランス良く仕上がっているんじゃないかなと。

容量に関しては、エネループのスタンダードモデルよりも優秀です。

個人的な見解ですが、目に見えるような性能差ってそこまで出ないと思うので、デザイン性とコスパの良さで『Pool』を選ぶのがベストだと思います。

ベストバイなおすすめ充電池

今回はニッケル水素電池『Pool』について簡単に紹介しました。

定番のエネループと比較しても引けを取らないスペックを持っていながらも、コスパに優れているのがメリット。

  • エネループ(スタンダードモデル)より大容量で安価
  • ミニマルなシンプルデザイン
  • USBによる充電が可能

耐久性についてはエネループの方が安心感はあるかもしれませんが、高い買い物でもないので、いざとなれば買い替えればいいかなと思ってます。

とはいえ、かれこれ1年以上使っていますが、今のところ特に不具合は一切ありません。

どの充電池が良いか迷ったら、とりあえず『Pool』を買っておけば間違いないでしょう。