ミニマルで上品。大人デザインの本革ペンケース『TAVARAT Tps-133』

ミニマルで上品。大人デザインの本革ペンケース『TAVARAT Tps-133』

大人になって、そしてパソコンで仕事をするようになって、ステーショナリーを使う機会がめっきり減った。

学生の頃は毎日のように使っていたシャーペンや消しゴム、マーカーも。

でっかいペンケースに大量の中身を詰め込んでいたあの頃が懐かしい。

それと引き換え、今となってはペンケースを持ち歩くことすら日常から無くなってしまった。

でも、だからといって全くステーショナリーを使わないわけではなくて。

むしろ、大人になった今だからこそ、こだわりのステーショナリーを持ち歩くのもカッコいいかもしれない。

TAVARATさんのペンケースに出逢って、そんなことを思い始めました。

メーカー様から商品をご提供いただいてのレビューになります。

お気に入りを詰め込みたくなるレザーペンケース『TAVARAT Tps-133』レビュー

こちらが今回ご紹介する、メンズ雑貨ブランドを手掛けるTAVARAT(タバラット)さんの『Tps-133』というペンケース。

元々は箸ケースとして作られていたモノを、デザインそのままにペンケース化したアイデア製品。

片面にはポケットが付いていますが、もう片面は何もないスッキリとした仕様。

横から見ると、ファスナー分の厚みしかないんじゃないかってぐらいにとてもスリム。

どこか「和」を感じるミニマルなスタイルとシボ感のある上品なレザーに一目惚れしてしまいました。

カラーとサイズはそれぞれ3種類あって、僕が今回ご提供いただいたのはトープのSサイズ。

ブランド名が箔押しされたグレーのオシャレな箱に入って届きました。

男女問わず使えるアイテムなので、プレゼントにもおすすめできますね。

  • 素材:(表地)牛革 /(裏地)ナイロン
  • カラー:ブラック / ディープレッド / トープ
  • サイズ:(S)約H37×W255×D12mm /(M)約H37×W275×D12mm /(L)約H37×W290×D12mm
  • 原産国:日本

上質なシュランケンカーフを贅沢に

このペンケースに採用されている革は、シュランケンカーフという生後6ヶ月以内の仔牛を使ったマテリアル。

人工的に型押しされた革とは異なり、不規則で自然な模様のシボ感がとにかく美しい。

明るいカラーのトープは、シボの立体感がより際立って上品な印象を受けます。

ツヤ感が控えめな優しい光沢もシュランケンカーフの特徴のひとつ。

そして、モフッとしたこの柔らかくて吸い付くような手触りがたまらない。

レザーと縫製の糸が同系色だから見た目もミニマルで、さりげなくロゴが入っているのもお気に入り。

隅から隅まで、縫製の仕上げがとても丁寧。

また、傷や汚れにも強いマテリアルなので、カバンなどから出し入れの多いペンケースとも相性が良さそうです。

裏地は汚れにくいナイロン生地

上品なレザーの裏地には、テフオックスという丈夫なナイロン素材が縫製されています。

やや青みがかったグレーで、トープレザーとのバイカラーも素敵。

テフロン加工がされた撥水効果のある生地なので、何かと汚れやすいペンケースの内側も綺麗な状態をキープできそう。

レザーの裏地って無加工のモノも多い中で、ここまでしっかりと仕上げてあると思わず感心してしまいます。

エクセラファスナーが高級感をプラス

ファスナーには、YKKの最上級ラインであるエクセラファスナーを採用。

通常のYKKファスナーより3倍もの値段がするだけあって、開閉がとてもスムーズ。

そして、丁寧に磨かれていたエレメントが、上品な煌めきを放っています。

ファスナーってペンケースに限らず、意外と品質の差がハッキリ出るところなんですよね。

1つ1つの細部にもしっかりこだわっているからこそ、確かな高級感が伝わってくるんだと思います。

実際に使ってみる

さて、この素敵なペンケースに何を詰め込もうか。

自慢できるようなステーショナリーは無いけれど、僕が普段使っているモノの中から厳選して入れてみました。

#私のペンケースの中身

  • LAMY safari white with black clip 万年筆
  • フリクションボール3 スリム 透明ボディ
  • 定規
  • フリクション替え芯

写真には写ってないんですが、外側のポケットにフリクションの替え芯を入れています。

収納力はあまりありませんが、このペンケースの長さを活かして、中のペンをズラして入れると上手く収まります。

ただ、LAMYもフリクションも太めのペンなので、これ以上は入らなさそうな感じ。

でも、僕は「あまり入らないのが良い」と思っていて。

お気に入りのステーショナリーをちょっとだけ持ち歩くのが、何か大人っぽくていいなぁと。

学生時代とはまた違ったペンケースの使い方が楽しくて、これからもっとペンケースの中身にもこだわりたくなってきました。

僕のペンケースの中身はこんな感じですが、ガジェットポーチとしても使えそうな印象。

例えば、短めのUSBケーブルやApple Pencil、SDカードリーダーなど、サイズ的に収まるアイテムに絞れば、そういった使い方も案外悪くないかも。

ペンケースから始める新たな物語

このペンケース『Tps-133』を手にしてから、ステーショナリーという新たな分野にも興味が湧いてきました。

手書きがデジタルに置き換わりつつある時代だからこそ、こだわりが詰まったペンケースを持つことの醍醐味に気付けたというか。

そんな気付きがあったのも、このペンケースが本当に良いモノだと思えたから。

大人になった今がスタートライン。

ここからまた1つ、新しい物語が始まっていくんだ。

ちなみに、ブロガー仲間のてず@tezlog10)さんとBows@guidbows)さんがブラックカラーのペンケースをレビューされています。

僕とはまた違った視点で魅力を語られているので、ぜひあわせてチェックしてみてください!