ストレージを便利に拡張。カードサイズの外付けSSD『Samsung Portable SSD T5』

ガジェット
ストレージを便利に拡張。カードサイズの外付けSSD『Samsung Portable SSD T5』

ストレージが圧倒的に足りない…!

カメラをはじめてから、仕事やプライベートで使ったり、ブログ用の写真を撮ったりなど、いつの間にか写真データが溢れ返っていました。

時々、不要な写真を消したり整理はしているんだけど、主に写真管理を担っているiPadのストレージ残が赤信号に。

そこで、ストレージを拡張するために、外付けSSDで定番の『Samsung Portable SSD T5』を買ってみました。

アルミ仕上げのコンパクトな外付けSSD『Samsung Portable SSD T5』

こちらが今回ご紹介する、Samsung(サムスン)の『Portable SSD T5』という外付けSSD。

YouTuberをはじめ、すでに色んな人が使用している定番のSSDなので、今さら多くは語りませんが、要点をまとめるとこんな感じ。

  • 名刺ほどのコンパクトなサイズ感
  • 厚さ10.5mmというガジェットポーチへの収まりが良さ
  • 重さを感じない51g
  • 高さ2mからの落下に耐えられる堅牢なアルミボディ
  • USB3.1Gen2インターフェースを備えた最大540MB/sの転送速度
  • 汎用性の高いUSB-C端子を搭載

ストレージは250GB / 500GB / 1TB / 2TBから選べて、僕は1TBを選択。

1TBから展開されているディープブラックは、とにかくミニマルでカッコいい。

小さすぎないサイズ感

日々、技術進歩が進み、最近ではUSBメモリサイズの超コンパクトなSSDもあるなか、僕はあえてこのT5を選びました。

その理由は、安定性に優れている点と、小さすぎないサイズ感だったから。

安さを求めるなら他にも選択肢はたくさんあったわけですが、大事なデータを保管するためのストレージを拡張することが僕の目的。

ここは天邪鬼にならずに、利用者が多く動作が安定しているモノを使うべきだと思いました。

あと、持ち運びを考えるとサイズは小さいに越したことはないんですが、小さすぎると紛失しやすいというデメリットもあるかなと。

特にスティック型の細い形状だと、いつのまにかスルッと落としてしまいそうな気がしてならない。

ということで、ある程度の大きさがありながらも、厚さが約1cmとスリムなこのT5がベストだと僕は考えました。

データ管理を一元化

ストレージのメインを外付けSSDに変えようと思ったのは、データ管理を一元化したかったから。

僕は今まで、iPadで写真をはじめ様々なデータを管理していたのですが、最近MacBook Airを購入したのもあって、データがあちこちに散らばると嫌だなぁと。

あと、購入したMacBook Airはストレージが256GBしかないので、なるべくデータは置かないようにしたい。

外付けにすると、使う度に接続しないといけないという手間はかかるけど、今後のデータ管理を考えたら、きっとこの方法は間違いじゃないはず。

実際に使ってみると、SSDだから読み込みも転送速度も速いから、そこまで苦にはならない。

むしろ複数デバイスのデータを1つにまとめられて、作業効率もアップしたので導入した甲斐がありました。

オフラインでも使えるのが魅力

ストレージの拡張やデータ管理の一元化なら、クラウドを使えばいいじゃんという論調もあるのは確か。

でも、クラウドにあるデータはオンライン環境がないとアクセスできない。

いつでもどこでも使えるのが、外付けSSDならではのメリットではないだろうか。

1つあると便利な外付けSSD

外付けSSDは、手軽にストレージを拡張できる便利なアイテム。

さらに、使い方次第ではデータ管理もラクにもさせてくれるから、今となっては必要不可欠な存在だ。

その中でも『Samsung Portable SSD T5』は安定性や堅牢性もあって、安全にデータを保管できる。

1つは持っておいて損はない外付けSSDの紹介でした。