ミニマルサイズで65W出力。PD対応1ポート充電器『CIO-G65W1C』

ミニマルサイズで65W出力。PD対応1ポート充電器『CIO-G65W1C』

USB充電器探しにいったん終止符を打ちたい。

そんな思いで、今後数年間は使っていけそうなUSB充電器を探していたところ、僕の希望に合うモノを発見。

1ポートしかないけど、小型なのに大出力で、ガジェットを少ししか持っていない僕には十分なスペックでした。

最大65W出力の小型USB充電器『CIO-G65W1C』

こちらが今回ご紹介する『CIO-G65W1C』というUSB充電器。

特徴はなんといっても、最大65Wという高出力に対応しながらも、世界最小クラスなサイズを実現していること。

CIOのロゴが入ってるだけのミニマルな見た目もお気に入り。

1ポートしかないけれど、USB-Cだから汎用性が高いのもうれしい。

サイズ・見た目・仕様ともにミニマルなガジェット好きにはたまらないアイテムに。

ちょうど最近、Ankerから「GaN II」を搭載した超小型充電器がリリースされましたが、見た目でいえばCIOの方が僕は好み。

  • 入力:100-240V 50/60Hz
  • 出力:最大65W
  • USBポート:USB-C 1口
  • サイズ:約40×50×28mm
  • 重量:約87g
  • カラー:ホワイト / ブラック

最大65Wの高出力でPPS・PD対応

最大65W出力ができれば、MacBook Proも最高速度で充電ができます。

僕が持っているのはM1 MacBook Airなのでオーバースペック感はありますが、出力に余裕のある方が発熱とかも抑えられるかなと思って。

さらに、PPS(Programmable Power Supply)・PD対応なので、充電するデバイスに応じた最適な電圧を供給してくれます。

充電効率も良くなるし、充電するデバイスにとっても無駄な負荷が掛かりにくくなるという優しさも兼ね備えた心強いやつ。

この充電器なら、僕の持っているMacBookもiPadもiPhoneも全部任せられる。

世界最小・最軽量クラス

初めて見た時は思ってたよりも大きい印象があったけど、65Wでは世界最小・最軽量クラス。

大きさは、クレジットカードのちょうど半分ほど。

このサイズだとガジェットポーチにもスッキリ収まるし、卵1個分の重さしかないので持ち運びが苦にならないですね。

プラグ部分は折りたためるので、使わない時はさらにコンパクトに。

1ポートだから、いい。

充電器といえば、モバイルバッテリーと充電器が一体化したモノも人気がありますよね。

確かに便利だとは思うけど、僕は何かに特化したモノの方が結果的に使いやすいんじゃないかなと思ってい。

それを具現化してくれたのが、この『CIO-G65W1C』。

1ポートという潔い仕様だからこそ実現したこのサイズ感が、僕にはとても魅力的。

僕の使い方では、3台同時に充電が必要な場面って滅多に無いと思うので、1ポートで必要十分。

どうしても充電が必要な場合は、MacBookに繋げばOKなわけだし。

今後もっと小さい充電器が登場してくるとは思うけれど、あと3年ぐらいはこの充電器で戦っていきたい。