コードにも本革を。上質な熟成レザーで束ねる『Aging Leather Clip』

ガジェット
コードにも本革を。上質な熟成レザーで束ねる『Aging Leather Clip』

コード絡まる問題」は、ガジェット好きなら一度は経験したことがあるはず。

充電ケーブルや有線イヤホンなどを裸で持ち歩くと、必ずと言ってよいほどバッグの中で絡まってぐちゃぐちゃに。

この問題を解消するために導入しようと思ったのがケーブルクリップなんだけど、せっかくなら質感にもこだわりたい。

ということで今回選んだのが、熟成レザーが使われたdrip製のレザークリップ。

最近になってAmazonでも購入できるようになったのでポチってみました。

drip製の熟成レザークリップ『Aging Leather Clip』

drip製品でおなじみの熟成レザーを使用した『Aging Leather Clip』というコードクリップ。

5本1セットで1,800円と、drip製品の中では手を出しやすいアイテムだと思います。

カラーはブラック/アメリカーノ/モカの3色展開で、僕が持っているブラックのみ裏地も同色仕様。

飽きのこないシンプルな作りで、レザーの質感をダイレクトに感じられる。

長さも11cmと適度にあるので、長いコードや太めのコードも難なく束ねることができそう。

端材でも、しっかりと熟成レザー

このコードクリップは、他のdrip製品には使えない端材を利用して製作されているんですが、革の品質は同等レベル。

牛革にオイルとワックスがたっぷり染み込んだ熟成レザーは、はじめから使い込まれたようなツヤを放っています。

写真では伝わらないかもしれませんが、1つ1つ異なる革の表情があるのも面白い。

そして使えば使うほど光沢が増すそうで、使い古した傷や痛みは「味わい」として刻まれていく。

コードクリップというこんな小さなアイテムにも、ストーリーを吹き込むことができる。

しばらく使い込んだら、そのエイジング具合をあらためて紹介したいと思います。

シンプルな中にもアクセントを

クリップの端と端を留めるのは、アンティーク調のスナップボタン。

シンプルなデザインの中で、鈍いゴールドカラーがアクセントに。

ボタンの抵抗感も絶妙で、固すぎず緩すぎずで丁度いい。

そして、ボタンのそばにはくっきりと型押しされたdripのロゴが。

このロゴの存在は賛否が分かれそうですが、個人的にはdripさんのファンアイテムみたいな感覚で使えてアリかなと。

僕は一応『PRESSo』という財布も使っているので。

使いはじめは気になる点も

このクリップを使っていると、裏地の屑がかなりボロボロと出てくるんですよね。

今では落ち着いていますが、使いはじめの頃は特に酷かったです。

端材を使っているのが原因なのかは分かりませんが、カバンやポーチなどに入れて使う時にはちょっと気を配ったほうが良いかも。

もちろん個体差があるかもしれないので、念のためのアナウンスということで。

レザーでコードを花束にして

レザー製のクリップで束ねるだけで、無機質なコードたちも心なしか華やいで見える。

こうした小さなアイテムにもこだわることで、より自分の所有物にも愛着が湧いてきます。

今やレザークリップには数多くの選択肢がありますが、熟成レザーを謳ったプロダクトは『Aging Leather Clip』だけ。

この記事を読むような人なら、きっとこのアイテムの魅力が分かるはず。

drip Aging Leather Clip
created by Rinker